USBメモリでもOK! カンタンにWordPress環境を構築! InstantWordPress

今まではXamppを使ってましたが、
まあ、ほとんどわかっていません。

こっちのほうがカンタンそうなので導入してみます。

コレがなぜ必要か。
・ローカル環境でホームページを確認できる。
 コレに尽きます。(たぶん)
 使ってみたいテンプレートを本物のホームページに適用しちゃうと、
 うまくいかないときに困ります。
 まあ、人気ブログでもなければ困らないんでしょうけど。
 崩れちゃったり、iniファイルをいじって戻せなくなったら困りますよね。
 なので、ローカル環境で試してみるのです。
・一番スゴイのは、ファイルを消せばなかったことにできること。
 インストールらしいインストールはいらないので、
 消せば消えます。ぽちっDeleteでいいのです。
んじゃ入れてみましょう。
かちびとさんのサイトを参考にしています。


ダウンロードサイトはこちら→Instant WordPress

Downlord Now!ですね。


・・・54Mごときになんでこんな時間かかるんだウチの回線は・・・
WordPressってさー。
いじる気になればいろいろ手間はかかるけど、
好きなようにいじれるって大きいよね。
テーマも選べるし。なんなら自分で作れるし。
前はBloggerを使ってたんだけど、
デザインがもうひとつ好きになれなかったんだよね。
ホームページ作ってみたい!ちょっといじってみたい!って人は、
少し挑戦の気持ちをもってWordPressに挑んでみればいいと思うんだ。
まだ81%・・
WordPressも基本タダだし、このInstant WordPressを使えば、
タダで自分のサイトを作れるよ。
もちろん、公開するにはレンタルサーバー必要だけどね。
さて
そろそろ終わるな。


ダウンロードが終わったら、
exeファイルをダブルクリック。置きたい場所を指定するだけ。
今回はCドライブ直下にしておこうかな。




展開先のInstantWP.exeをダブルクリック。
ハイ起動しましたね。

インストール完了。


WrodPress FrontPageをクリックすると、
例として作ってあるページが開きます。

ここからはネットにつながっていなくても大丈夫です。


あと注意として、いまダウンロードしたモノには
・Instant WordPress
・WordPress本体
の二つが入っています。
WordPress自体は本家からダウンロードして入れ替えたほうがいいみたい。今のバージョンは3.2.1ですね。
[C:\InstantWP_4.1\iwpserver\htdocs]
ここにある[wordpress]フォルダをデスクトップにでも移動させます。
本家からダウンロードしたwordpressフォルダをさっきの
[C:\InstantWP_4.1\iwpserver\htdocs]に移動。
instantWPの中にあった(さっきデスクトップにおいた)
wordpressフォルダのなかの[/wordpress/wp-config.php]というファイルを
[C:\InstantWP_4.1\iwpserver\htdocs/wordpress]の中に移動。

こうなればいいですね。


次は日本語にします。
今移動したwp-config.phpを開いて、82行目をちょっとだけいじります。
[ja]って入れるだけですね。

これで準備OKです!

管理画面に入るにはWordPress Adminをクリックですね。
かいてますが、
Usernameはadmin
Passwordはpassword
ですね。

これでOK!
IE更新します!
これでアナタもWordPressの達人に!
とにかくタダ!
ダウンロード以外に時間もかかりません!
おためしあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。