iPhoneのバックアップ

さて
友人が連絡先消しちゃった?みたいなのです。
連絡先にかぎらず、iPhoneなどスマホにはいろいろな情報が詰まっていますね。
スマホは小さなパソコンみたいなものですから、
データが消えちゃうといろいろ困るのです。


ただ、消えちゃうと困るが故に、バックアップするのも当たり前になります。
バックアップの仕方を覚えておきましょう。


まずはとにかくiTunesでのバックアップは必須。
ペースはそれぞれですが、仕事データを使いまくってるのでなければ
「1ヶ月前のバックアップ」があれば少し安心かと思います。


やり方1
 時々「同期」しておけば安心です。
 パソコンの中身とiPhoneの中身がいつも一緒^^なのが一番安心です。

 パソコンにiPhoneをつないで、iTunesを起動。
 一番したにある「同期」を押すだけ。
 これをするとバックアップしますか?とも聞かれるので、
 「はい」にしておくといいね。
※注意 これまでずっとiPhoneだけでアプリを並べてきていた場合、
  (iPhoneだけでアプリを購入してきた場合)、
   アプリを全部並べ替える必要が出てくることがあります。めんどくさい。
   iTunesのアプリの画面と、iPhoneのアプリの画面が同じならOKです。


やりかた2
 バックアップだけする場合。
 iTunesの「デバイス」のところ、自分のiPhoneの名前が出てますね。
 そこを右クリックするとメニューがでてきます。
 


 ここでバックアップができます。


やりかた1と2の違いは、同期するかどうかです。
 私の場合、iTunesの画面とiPhoneのアプリの中身は揃っていません。
 だから、アプリは同期していません。
 音楽、写真は同期させています。
 わかるかなー、わっっかんねーよなー。
 ま、どっちでもやっておけば間違いないです。


連絡先のバックアップ
 これまでの方法でバックアップできていればまあ問題ないのですが、
 連絡先は、Gmailと同期させておくことで別にバックアップができます。
 やり方は前にかいた。Gmailのススメ
 iPhoneの連絡先をそのままパソコンのGmailでも使えるから便利ですよー!


 便利で楽しいスマホだからこそ、バックアップはこまめに。
 バックアップはこまめにね!
 大事なことなので二回言いました。
 おためしあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。