Keynoteの小技(ScreenShot活用)

プレゼンに活用しまくってるKeynoteです。
スクリーンショットを使ったちょっとした小技を紹介。


プレゼンを作っていると、
「前に出てきたスライドを再度表示させたい」ことってありますよね。
そのまま表示させたい場合と、
まとめページとかに小さく表示させたい場合もあるかと思います。


もちろん、スライド自体をコピペしてもいいんですが
アニメーションを消したり、小さくしたりとなると結構手間です。
そこでスクリーンショット。


※ スクリーンショット(SS)とは、表示されている画面全体を写真にすること。
  iPhone・iPadでは「ホームボタン+スリープボタン」の同時押しでできます。


例えばこんなスライド。

このままSSをとってもいいのですが、右上の三角でスライドショー画面にしましょう。



この状態でSSを撮ります。
そうするとこの画面を画像として扱うことができるようになります。



こうやってカメラロールから取り込めますね。


拡大縮小も思いのまま。

一枚の画像なので、アニメーションなども関係なくなりますね。
これは工夫しだいでいろいろな場面で使えるかと思います!
楽しいプレゼンを作ってみてね!


新しいアニメーションでは「アンビル」が好きです!
ドズゥン!



おためしあれ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。