クリップボードの活用

Windowsでは、いつでも「コピー」すると、
その内容がクリップボードというところに一時的に保存されます。
だからアプリケーションを変えても貼り付けできるんです。
でもそれはひとつずつしかできませんよね?

今回はそのクリップボードを活用する小技です。



紹介するのは「QTclip」というフリーソフト。
クリップボードのソフトもいっぱいありますが、
機能が多すぎてもつかえねーし。
見た目がわかりやすいものを愛用しています。


QTclip
ーーダウンロードページーー
ダウンロードして解凍します。
解凍済みのファイルを任意のフォルダに移動。
そのあとでSETUPQTCLIP.exeを実行すると、スタートアップに登録されます。

そうしたら起動してみましょう。
QTCLIP.exeをダブルクリック。


こんなのが表示されましたね。

これがクリップボードを見えるようにしたものです。
ためしにコピーしてみましょう。
テキストで書いたものを選択してコピーしてみます。
そうするとclipQTの下の画面に表示されましたね!
次々コピーしてみます。

どんどん増えていきますね。
これをドラッグ&ドロップすると貼り付けできます。

簡単ですね!
これはコピーするとどんどん下のほうに増えていきます。
残しておきたいものは、上にドラッグ&ドロップしておけば、上はずっと残ります。
よく使うものは上に残しておけばいいですね。
コレ、使い慣れるとラクチンですよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。