Googleのサービスまとめ

いつもお世話になってます、Google。
使えるサービスをまとめてみようと思います。


まだまだいっぱいあるんですが、私が使ってるものを紹介します。
※Googleアカウント
①Gmail
②カレンダー
③マップ
④GoogleChrom
⑤トーク
⑥リーダー
⑦Picasa(写真共有)


※Googleアカウント
 Googleの素晴らしいところは、
ひとつのアカウントを作ると様々な無料サービスが使えるところ。
 まずはここで無料アカウントを作っておきましょう。
オススメの使い方としては、メインアカウントと捨てアカウントを作ることです。
店のメルマガとか、気が向いた時しか見ないものなどは
捨てアカで登録しておくとうざくありません。
また、GoogleはiPhoneとの相性がとてもいいです。
メールやYoutube、カレンダーなどの同期がカンタンです。


①Gmail
 ご存知、無料WebMail。
 登録方法は前に書きました。→こちら
 PC、iPhone、iPadで同じものを見られるのが大きい。
 ・無料で8Gの容量
 ・強力な検索機能
 ・自由度の高いラベルフィルターなどがウリです。

メールをフォルダ分けするやり方を説明します。
DELLから来ている宣伝メールを振り分けてみます。
きたメールの左端のチェックボックスにチェック。

右上にある「その他」の中の「メール自動振り分け設定」をクリック。
そうすると、DELLからきたメールばっかり見えるようになりますね。
「From」のところにDELLのアドレスがはいってますね。
「この検索条件でフィルタを作成」をクリック。

「受信トレイをスキップ」(受信トレイに表示されなくなります。)
「ラベルを付ける」
の2つにチェック。その他も好みでチェック。
「ラベルを選択」をクリック。
ラベルがあればそれを選択、なければ新しく作ってください。

「一致する○件のスレッドにもフィルタを適用する」にチェックを入れて、
「フィルタを作成」をクリック。
これで完成です!
一連の手順は「特定のメールにラベルを付ける」
  →「ラベルによってフィルターで仕分けする」というものです。
なので、ラベルを付けるだけ、ってことも可能です。
PCでやっておくと、iPhoneにも反映されます。
やってみてね!


②カレンダー
 これは「すごく活用してる!」ってほどでもないのですが。
 職場のPCで予定を登録しておくと、iPhoneでも見られるというスグレもの。
 ここでオススメしたいiPhoneアプリがDraftPad。
 


いろいろ使えるメモアプリなのですが、
・起動が爆速
・様々なアプリとの連携が豊富
というところがスゴいのです。
全部の機能を紹介するのは難しいのですが、ここではカレンダーとの連携を。


起動すると、真っ白なノートが表示されます。
ここに予定の項目を書きます。
そして右上の矢印をタップ。
ズラっとAssist機能の一覧が出てきますが、
この中のAdd Event in Calendarをタップ。

さっき書いたものが予定の項目になります。
日付のところを調節してDone。
これで登録されちゃうんです!カンタン!


③マップ
 言わずと知れたGoogleMap。
 これはアカウントを登録しておくと、「最初に表示する場所」を決めることができたり、便利です。
 ポイントからポイントへの距離や所要時間なども調べられて便利。
弘前駅から新青森駅までのルート。

電車でいくなら15:23のがいいですね!
上の方にあるクルママークをクリック。
「オプションを表示」で高速道路を使わないことにします。

そうするとこんな感じ。
およそ40キロ、55分くらいでいけるんだって。
冬だから1時間以上かかるけどね。
iPhoneでも同じように経路検索できます。

iPhoneの場合は上の「出発」をタップするとナビにもなっちゃいます。


⑤トーク
 Googleトークはチャットのアプリです。
 ビデオチャットもできます。
 トークはGmailの画面の中にあります。
 左下ですね。名前の前に緑色マルが付いている人がオンラインの人ですね。

 クリックして「チャット」とすると、右下に別窓が出てきますね。
 これでチャットできちゃいます。
 チャット窓にある右上矢印をクリックすると、ウィンドウを分けることもできます。
 Webカメラ、マイクがあるとビデオチャットも可能。
 

ちなみに、iPhoneではTalkatoneというアプリを入れておくと、
Googleアカウントでのチャットができます。
前に書いたの見てね。→こちら


⑥リーダー

様々なサイトの更新情報をまとめておけるアプリ。
Googleリーダーは、iPhoneにある多くの「RSSアプリ」と連携できるので、
リーダー本体はGoogleリーダーで、見るときには好みのアプリを使う、というふうにするといいです。
リーダーの使い方は→こちら


⑦Picasa
 Webアルバム。
 ここにアップロードしておくと、どこでも写真にアクセスできます。
 まあ、実際はiPhoneあればそんなに使いません。
 PCで使うときは、Picasaというアプリケーションをインストールしておくといいでしょう。
 ダウンロードは→こちら


 インストールすると、PC内の写真を次々とスキャンしていきます。
 (見られたくない画像も全部拾ってきてくれるので注意)
 そうしたら、右上の「Googleアカウントでログイン」をクリックしましょう。
 これでGoogleアカウントでつながりました。


さっき「あまり使わない」といいましたが、
 便利な機能は「共有」です。
 写真をたくさんの人にいっぱい送るのはタイヘンですよね。
 容量も大きいので受け取るほうもタイヘンです。
 そこで「Web上で共有」して、
 URLをクリックすると見に行けるようにするとラクチンです。


PCのPicasaでの操作です。
 この見えている「Google」というアルバムを共有してみます。
 赤枠の中がひとつのアルバムです。

 この「共有」のボタンをクリック。

 そのままアップロードをクリック。
 どうやらこれはGoogle+にアップされる様子。
 「アルバム」を見るとたしかにありますね。

 そのアルバムをクリック。

 うえのほうの「オプション」をクリック。
 「リンクでアルバムを共有」とクリックしてみましょう。
 URLが表示されますね。
 これを人に伝えることで、アルバムを共有できるようになります。



※Google+も登録してはいるのですが、全然使っていません。
 Facebookを使っていると別にいらないかなーって感じ。


こんな感じ!
すべて無料です。
容量アップなどが必要な人はオカネを払いましょう!
おためしあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。