ScheduleBoard初期設定

Schedule Boardは、LAN内で使える手軽なフリースケジュール管理ソフトです。
ダウンロードはコチラ→LUMIX
今回はその初期設定をまとめてみました。
ソフトの紹介なんかはしてません。
使ったことある人用です。



仕組み
・データは共有フォルダに置く。(常時起動しているものが望ましい)
 →一回やればいい。


・インターフェイスは各自のパソコンにインストールする。
 →導入するパソコンにはそれぞれ必要。

導入の仕方
1.まずは共有HDDにフォルダを作りましょう。
([scheduleboard]などわかりやすい名前で)



2.自分のパソコンにSchedule Boardをインストールします。
 [Schedule Board360.exe]というファイルを実行すると、
 解凍先を聞かれます。これはどこでもいいのでデスクトップにでも解凍しましょう。
 続けてこんな画面になるので、

「このマシンに、単純にSchedule Boardをインストールする」のチェックを確認して、OK。
※これがインターフェイスのインストール作業になる。


3.データとの関連付け
 これでもう使うだけは使えますが、
 参加メンバーみんなで共有するために、共有HDDに共有データを作ります。
 まずはグループの作成。
 
 「グループ」タブの「グループ作成」を選択。
 「グループ名」にグループの名前を入れましょう。
 「ファイル名」の「参照」をおして、最初に作った共有HDDの
 「Schedule Board」のフォルダの中に「グループA」というファイルを作りましょう。
 


 続けてメンバーの登録画面になりますね。
 メンバーを次々と登録しましょう。
 必要であれば、会議室など部屋の名前もいれるといいです。
 こんな感じですね。
 
 ここまではグループ共通の設定です。最初に導入する人が一回やればそれでいいのです。


4.それぞれの設定
次はそれぞれの設定です。
これは、メンバーがSchedule Boardを導入するたび必要です。

 「ツール」→「設定」の中の「ファイル」タブですね。
 「起動時にひらくグループ」はさっき作った「グループA」ですね。
 定形スケジュールファイルは、「定形」とでも名前をつけて、
 共有フォルダに置いといてください。


 「ツール」→「設定」の中の「表示」タブ。

 一段の高さは見やすいように、表示する時間帯も必要な分だけにするといいです。


 あとは、ここのスライダーを動かすと、横幅の調整ができます。
  


初期設定はこんな感じかな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。